So-net無料ブログ作成
     ★ yumiからの伝言板 ★
ご訪問いただき有難うございます。 m(_ _)m
のんびりとマイペースで続けています。
皆様のblogへは後程お伺い致します。

絹糸 [着物・着物まわりの工夫]

東京は桜も満開です。
日曜日に、私も好きな着物を着て、
隅田川周辺の桜を楽しんで来ました。

春は着物を着て出掛けたくなる季節です。
毎年、この季節に着たい着物があって、
何年も愛用していると、やはり傷みます。

裾が傷むと八掛という裏につける生地を替えたりもします。
擦れるところは毎回同じなので、頻繁に長年着ている私の着物は傷みも進みます。

足袋と擦れる裾、帯と擦れる脇のあたりは着物の生地自体が薄くなり、ついには切れてしまいます。
こればかりは呉服屋さんで相談しても直しようもないようです。

そこまで着る着物は当然、大のお気に入りです。
他の部分は大丈夫なので、出来ればもう何年か着たいなぁと思ってしまいます。

そこで、インチキ(?)和裁士yumiの出番です!(笑)
プロもしない直しを素人がするのですから、はっきり言って、いい加減としか言えません。

sketch-1459816714006.png   
少なくなってきた絹糸が、インチキ和裁士(?)の活躍ぶりを教えてくれます(^o^;)

今日はまたこの色の絹糸を使います。
この色の絹糸、そろそろ買い足さないと…ですね。

そんな着物も直してくれそうな方をご存じの方々いらしたら、ぜひ教えて下さいね!
そんな方が見つかるまで、大好きな着物をもう一度着る事を楽しみに、苦手な繕い物も頑張ります(^^;

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

着付けにご興味のある方は「着付け師Yumiのブログ」 へもどうぞ~♪

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。